私たち山形大学模擬裁判実行委員会は、年に一回模擬裁判公演という形で研究の成果を発表している人文社会科学部の研究機関です。

 模擬裁判と聞くと「何だか難しそう、つまらなさそう」と感じる方も多いと思いますが、私たちは地域の皆様に裁判や法律問題をより身近に感じてもらうために活動しています。

 100人前後の学生が所属し、会場の確保、台本・ストーリーの作成、広報活動はもちろんのこと、裁判劇の役者、大道具、舞台メイク、音響や照明に関しても全て学生自身の手で行っています。

 




50回公演

 

2022年度公演に関する情報を随時更新していきます。

 

模擬裁判実行委員会

について

私たち山形大学模擬裁判実行委員会の活動内容やセクションなどについて詳しく紹介しています。

歴代公演

 

歴代公演について紹介しています。

 

新入生向けページ

 

もぎさいについて、新入生の皆さん向けのQ&Aなどを掲載しています。



【山形大学基金寄附へのご協力のお願い】


日頃より当団体を応援してくださっている皆様へ寄附金へのご協力のお願いがございます。

寄附の方法につきましては下記のURLのフォームに必要事項の記入をお願い致します。

【ご挨拶】

 

この度は山形大学基金の寄付対象に加えて頂き、誠にありがとうございます。

 

多くの諸先輩方、地域の皆様のご支援のおかげで、模擬裁判実行委員会は来年、創立50周年という節目を迎えます。さらなる弊団体の存続と発展のためにも、諸活動にご理解、ご協力をいただければ幸いです。

 

今後とも地域の皆様ならびに諸先輩方に、関心をお寄せいただけるような活動に励んで参りますので、温かいご支援を賜りますようお願い申し上げます。


【活動場所・活動日】

 

  • 活動場所:山形大学小白川キャンパス人文社会科科学部1号館103教室・2号館学生研究室5
  • 活動日:毎週水曜日 16:20~